不用品回収アース東京TOP > 「返して」は通用しない!ビデオデッキ回収後の返却について​

2018/03/13

「返して」は通用しない!ビデオデッキ回収後の返却について

こんにちは!いつもご利用いただきありがとうございます。
東京・神奈川(関東)で不用品回収を営んでいるアース関東です!

東京・神奈川にて、使わなくなったビデオデッキの処分にお困りの方はいらっしゃいませんか?できるだけお金をかけずに処分するなら、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。不用品回収業者なら、行政では回収が難しい品も安価で回収できることがあります。
不用品回収サービスを利用するときは、サービス内容を事前に理解しておくことが大切です。例えば、「回収後に返却できるの?」と気になっている方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、ビデオデッキ回収後の返却についてご説明します。

■返却してもらうことはできる?回収後の対応について
不用品回収業者で回収できる品は多岐にわたり、ビデオデッキ以外にも冷蔵庫やミシン、テレビ、マッサージチェアなど実に幅広いといえます。それらを行政よりも安価で回収できるため、今や多くの方が不用品回収サービスを利用しています。また、種類や状態などによっては買取することも可能で、お小遣い稼ぎにもおすすめです。

そんな便利な不用品回収サービスですが、注意しておきたいのが返却についてです。基本的に、一度回収した品を返却することはできません。なぜなら、回収後の品は専用の処分場へ廃棄してしまうため。廃棄前の品なら返却に応じることができる可能性もありますが、既に廃棄された品は返却不可となります。もちろん、不用品回収だけでなく遺品整理においても同様です。

■回収前に注意しておくべきこと

どの家庭にもいえることですが、特に高齢者がいる家庭では注意が必要です。今は昔に比べて多くのものがあふれているため、古く劣化したものは「もう使わない=不用品」と考えてしまうこともあるかもしれません。しかし、たとえ壊れて使用できなくなったビデオデッキでも、本人にとっては思い入れのある大切な品ということも十分あり得ます。それを勝手に処分すると、家族同士のトラブルに発展する恐れがあります。なお、ビデオデッキの他にも、古くなったベビーカーや子どものランドセル、ひな人形など子どもに関連するものは特に要注意です。

■間違って売却しないためにはどうすればいいの?
トラブルを防ぐ方法として最もよいのは、家族みんながそろっているときに不用品回収サービスを利用することです。その場に本人がいれば「必要なもの」と「不用なもの」をしっかり分類できるため、後々トラブルに発展することもありません。もしも立ち会いが難しいのであれば、あらかじめ家族みんなで話し合っておくとよいでしょう。簡単に剥がすことができるマスキングテープなどを使用し、不用なものにマークをつけておけば、その場に本人がいなくても「これは必要なものだったかな?」と混乱する心配がありません。

■まとめ
東京・神奈川でビデオデッキの回収・買取をお考えの方は、アース関東にお任せください。ビデオデッキ以外にも、さまざまな品の回収・買取に対応しております。大量の不用品をまとめて回収・買取できるのはもちろん、1点からでもOKです。東京・神奈川にお住まいの方であれば、無料でお見積りにお伺いいたします。ぜひお気軽にご連絡ください!

不用品回収について

  • サービスの流れ
  • 対応品目一覧
  • 不用品の行方
  • よくあるご質問

当社のサービス一覧

  • 不用品サービス
  • 買取サービス
  • リフォーム・ハウスクリーニング
  • 引越サービス
  • 収納アドヴァイザー
  • 遺品整理サービス
  • 法人のお客様向けサービス

当社について

  • 当社の強み
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • スタッフ
  • 不用品の買取事例

万が一の際には損害賠償保険

人身・物損に適応 最高5,000万円まで 三井住友海上

PAGE TOP

粗大ゴミ・不用品回収のアース東京は安価・安心の粗大ゴミ・不用品回収サービスを東京全域の皆様にご提供致します。
東京の粗大ゴミ・不用品回収ならアース東京まで。

アース東京・携帯・PHSからもOK!お問い合わせのみも歓迎!

0120-345-627

メールでお問い合わせ