買取事例の紹介

Example

2018年3月13日
意外と需要がある?窓用エアコンの買取まとめ

こんにちは!いつもご利用いただきありがとうございます。
東京・神奈川(関東)で不用品回収を営んでいるアース関東です!

窓用エアコンを処分しようと考えているなら、買取査定に出すことをおすすめします。窓用エアコンは一般的なエアコンが設置できない部屋で重宝するため、中古市場でも需要が見込めます。そこで今回は、窓用エアコンの概要や買取査定のポイント、高額買取のコツをご紹介します。

■窓用エアコンってなに?メーカーや買取相場は?
窓用エアコンは、窓にはめ込んで設置するため一般的な壁掛け用のエアコンとは異なり室外機がありません。本体裏から熱を逃したり排水を行ったりして稼働します。専門的な知識がなくても設置できる他、工事を必要としないため、穴あけ工事ができない住宅や室外機を置くスペースを確保できない住宅などで使用されています。

窓用エアコンの取扱メーカーは、CORONA(コロナ)・Haier(ハイアール)・KOIZUMI(コイズミ)・TOYOTOMI(トヨトミ)など。この中ではCORONAだけが冷暖房兼用の窓用エアコンを販売しています。買取相場は、窓用エアコンの状態によって異なりますが、冷暖房兼用の窓用エアコン(現行年式)で10,000円程度です。

■窓用エアコンの査定ポイント

窓用エアコンを買取してもらう際、下記のポイントが査定に大きく関わります。

・内部&外観の状態
本体内部と外観の状態は、大きな査定ポイントです。買取に出す際には、埃やゴミ、汚れなどをきれいに拭き取っておきましょう。

・喫煙やペットの飼育の有無
部屋の中で喫煙していた場合、タバコのヤニによって本体が変色したり、内部に沈着したヤニがタバコ臭さの原因になったりするため、マイナス査定になる恐れがあります。また、ペットを飼っている場合も同様に、査定評価がマイナスになる可能性があります。だからといって「高額買取してほしいから」と嘘の申告をするのは絶対にNG!査定時にしっかりと事実を伝え、相応の買取額を提示してもらいましょう。

・主要付属品の有無
保証書や取扱説明書、リモコン、専用コード、外箱などの主要付属品は必須です。これらがなければ窓用エアコンを買取してもらえる可能性が低くなるため、必ずそろえて査定に出しましょう。

・動作性
正常に動作することは重要な査定ポイントです。冷風や温風が出るか、リモコンは作動するか、異音や異臭がしないかなど、買取に出す前に必ずチェックしておきましょう。なお、出張買取では査定の際に動作確認を行うことがあるため、窓用エアコンは取り外さずそのままにしておきましょう。

■高額査定を狙うコツ
窓用エアコンを少しでも高く買取ってもらうためには、下記のポイントを意識することが大切です。

・主要付属品以外のアイテムをそろえる
上述した主要付属品の他に、窓パッキンやL字補助金具、設置説明書、ネジ類などの付属品もあるとプラス査定になります。

・なるべく早く買取依頼
窓用・壁掛け用を問わず、エアコンは製造から5年以内を目安に買取してもらいましょう。もちろん5年以上経過したエアコンでも買取は可能ですが、新しいほど買い手がつきやすいので、リサイクル業者や不用品回収業者も高額買取に前向きです。

・需要が高まる時期を狙う
需要が高まる時期に手放すことで、高額査定が期待できます。例えば、冷房専用の窓用エアコンは夏場に需要が伸びるため、5月~7月がベストタイミングです。暖房機能が搭載された窓用エアコンであれば、10月~12月にも需要が高まります。

■まとめ
東京で窓用エアコンの処分・買取を検討している方は、東京・神奈川で不用品回収を行っているアース関東にご相談ください。東京23区内をはじめ、遠方の市町村でも出張買取いたします。また、査定後すぐの買取はもちろん、仮に買取額がつかないものであってもその場で不用品回収いたします。査定のみのご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にご依頼ください。お客さまからのご連絡をお待ちしております。


一覧に戻る